【星屑】ノイズをやっつける「グランドループアイソレーター」

更新日:

昔からこの手のものはありましたが、オーディオ通たちのモノでした。

効果がホントにあるのかどうかよくわからないものでしたが、値段も安いので今回、使ってみました。

結果は・・・ビックリ(^^;)

1.概要

製品名:グランドループアイソレーター ノイズフィルタ  GI-L1
メーカー名:AUKEY
購入価格:¥1000くらい@Amazon

2.良い点

今回、Chromecast Audioと小さいスピーカーを接続し、それぞれの電源を一つのUSB電源からとりました(図1)。

すると、ノイズがひどく使い物になりませんでした。

図1:最初の接続

そこで、AUKEYの「グランドループアイソレータ GI-L1」をChromecastAudioとスピーカーの間に挿入しました(図2)。

図2:アイソレータを挿入

すると、驚くことにノイズがきれいになくなりました。

電気的な説明をすると、電源の線にはプラスとマイナスがあり、オーディオ信号の線にも信号(プラスに当たる)とグランド(マイナスに当たる)があります。

このグランドがぐるっと輪を描くことでノイズが発生します。

※詳しくは専門サイトなどを御覧ください。

そこでグランドループを切るために「アイソレータ」を挿入します。

※アイソレーション:分離、絶縁の意味

アイソレータの中身は「トランス」と呼ばれる部品で、入口と出口の信号ラインを物理的な接続ではなく、電磁的な接続で通過させるものとなります。

ちょっと分かりにくいですが、線で直接結ばずに、信号を通過させるものとイメージしていただければOKでしょう。

こうしてグランドループを断ち切ることでノイズを低減させています。

電源も必要なく、小型、安価でこんなに綺麗にノイスが消えるとは驚きました。

3.イマイチな点

説明書に書いてありませんが、最初の疑問として「どっちをどっちに接続するの?」ってなります(^^;)

使うときに、どちらを音源側に、どちらをスピーカー側に接続したら良いのか?

両側に同じ3.5mmのジャックになっていますので、迷いますね。

原理的にはどちらでも同じはずですし、実際、逆に接続しても我が家ではほとんど変化がありませんでしたが、一部の方は「音が小さくなった」などの症状が出ているようです。

そこで、実際に測ってみたところ、どうやら中のトランスの巻き数が異なるようで若干異なる値が出ました。

なので、使うときには以下の方向をお勧めします。

本体を見ると「AUKEY」と書いてあり、これを目印にして「YからA」へ信号が流れるように接続します。

上記の図2で言えば、Y側がChromecastAudioでA側がスピーカーになります。

メーカーのサイトにある写真を見ると、全部、YからAになるように接続されていますが、ちょっと不親切ですね。

これさえ間違えなければ、安価で小型で電源いらず。効果抜群で非常に満足度の高いものです。

4.まとめ

僕が高校生の時に見たグランドループアイソレータは、オーディオ専門店で見た本格的なもの。

確か当時で5万円ほどしたと記憶しています。ただ、これは「デジタル・ライン・トランスフォーマー」として売っており、グランドループアイソレーターとは異なった思想で販売されていたと思います(ただ、原理は一緒)。

DLT-1/marantz

5万円もしますが、そもそもオーディオ専門店で聴ける音というのは結構高価な機材で鳴らしているので、アイソレータがあってもなくても正直よく分かりませんでした(^^;)

今回使ったアイソレータは、そもそもそんなにちゃんとしたオーディオ装置ではなく、自宅や車の中で適当に聴くためのシステムでノイズが気になるときに簡単につけて簡単に効果が出るものと感じました。

充分にコストに見合うだけの高価があり、おすすめです。

-おもしろグッズ
-, , , , , ,

Copyright© StardustNews , 2018 All Rights Reserved.